精神疾患を持っていても働くことが出来る仕事

精神疾患がある方のための総合就職ナビ

精神疾患があっても、生き生き働いて、生き生きと暮らそう!

ハローワークや求人サイトには、精神疾患がある方を対象にした専門の窓口があり、仕事探しも含めて、就職に関するさまざまな相談にのってくれます。 また、就労支援施設では、一般企業で働くための知識や能力を身につけることができます。 これらを大いに活用し、自分に合った仕事を見つけましょう。...続きを読む

症状に応じた仕事選び:就労継続支援制度を活用する

精神疾患がある方を対象に、充実したサポート環境を整備し、安定的に働くことができる仕事を提供する福祉サービスが、就労継続支援です。 これには、A型とB型があり、疾患の程度や状態に応じて選ぶことができます。 それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。...続きを読む

支援制度活用のすすめと働くうえでの留意点

精神疾患がある方の就労は、症状の緩和と疾患の回復につながるものでなくてはなりません。 経済的に不安定では、落ち着いて仕事に取り組むことが難しくなります。 安心して働くために、国の支援を活用し、経済的な基盤を磐石にしておく必要があります。 また、精神疾患のある方が働くうえでの留意点も、あわせて紹介します。 ...続きを読む

どこで見つける?自分にあった仕事の見つけ方

5人に一人、40人に一人、100人に一人。
この数字、何を表しているでしょうか。
これは、生涯に重いうつにかかる人の割合、何らかの精神疾患のために通院している人の割合、そして、統合失調症の患者の割合です。
このように、精神疾患がある方は数多くおり、しかも、年々右肩上がりだとか。
あなたやあなたの身近な人たちが、いつ精神疾患を持ってもふしぎではない時代です。
そして、たとえ精神疾患があっても、薬でコントロールし、病と共存できる時代でもあるのです。
急性期の症状が落ち着いた患者さんの多くは、働きたいと考えています。
働くことは、単に収入を得る手段であるだけでなく、社会の中で自分の居場所を得、生きがいを見つける手段でもあります。
また、働くことで、自分の新たな一面を見つけることができ、それが今後の人生に大きな意味を持つようになるかもしれません。
しかし、患者さんの中には、「仕事をどのように見つけたらいいのかわからない。」「前の職場で、うつを発症したから、仕事に就くのを躊躇してしまう。」「自信がない。」などの理由で、いま一歩踏み出せない方が多くいるようです。
最近、国や市区町村による、精神疾患がある方への就労支援システムが充実し、就職に必要なスキル取得のための講習から仕事探しまで手厚くサポートしてくれるようになりました。
また、公的支援のすき間を補うように、民間のNPO団体の活動も盛んです。
ここでは、精神疾患のある方が、自分に合った仕事を見つけるうえで役立つ情報を紹介します。